PAUL LACROIX  ポール・ラクロワ

Creative Technology Director / Media Artist

  Facebook       LinkedIn       instagram       Twitter       Tumblr

About    English Japanese French

ポール・ラクロワは、フランスのポール・サバティエ・トゥールーズ大学にてデジタル画像エンジニアリングの修士号を取得後、日本へ移り住んで10年になります。

過去の経験を生かし、日本で最初に就職したのは、3Dスキャナーを製造する会社でした。数年後、よりクリエイティブな仕事に関わりたいと思い、CG映画を製作するポリゴン・ピクチャーズへ入社。モデル製作者、アニメーター、CGクリエーターとともに、世界的クラスの製作に使われた独自のソフトウェア・ツールやプラグインの開発に携わりました。カルト的人気を誇る映画『GHOST IN THE SHELL 2.0 / 攻殻機動隊2.0』の新バージョンに登場する脳のイメージの創作や、テレビシリーズ『トロン:ライジング』に使われたプラグインの開発など、数々の素晴らしいプロジェクトに関わってきました。

2009年、ポール・ラクロワは自分の興味のある分野であるアートやコンピューター・グラフィックとプログラミングのスキルをあわせた新たな道を探り始めました。その結果、観客の視線を感知して反応し、リアルタイムに双方向で楽しめるコンテンツを開発しました。「これによって観客とのつながりが生まれ、観客はもはや単なる傍観者ではなく、作品の立派な出演者となることができるのです。」

注目すべきは、彼の制作したキネクトセンサーを使ったバーチャル試着室です。当時は、物理シミュレーションに深い興味を抱いていました。数学的モデルをデザインし、何か現実のものをコンピューターの中で再現するのです。それは、本物そっくりの正確性を持ちながら、リアルタイムに動かせるくらいのシンプル性を併せ持っています。そのシステムの更新版では、独自の服のシミュレーション・エンジンをまったく新たに開発しています。

もう一つ、彼が意欲的に活動している分野は、プロジェクションマッピングです。ここでは、普段はコンサルタントとして貢献し、3Dで作成した画像を実際に支障なく映し出せるよう使い勝手の良いワークフローの作成に取り組んでいます。日本発の本格的なプロジェクションマッピングのイベントとなった成蹊大学のプロジェクションマッピングに参加し、アサイ・ノブイチ氏と出会いました。また、カレッタ汐留やドックヤード・ガーデンのプロジェクションマッピングにも参加しています。

さらに、SEGAの東京ジョイポリスの改装にも関わり、3DのライブキャラクターLOPITのリアルタイムシステムを設計・開発しました。彼はこの仕事に楽しみながら携わり、CGクリエーターだけでなくライブステージの専門家やダンサーとも一緒に働く機会を得ました。

最近では、「OMOTE」計画で使用される顔追跡とプロジェクション・マッピング・システムの開発にも携わりました。ここでも、さまざまな分野で活躍する多くの人々との出会いがありました。このビデオはインターネットで大ヒットとなり、1週間で500万人が視聴したといいます。

ポール・ラクロワは情熱的で、同じように情熱的な仲間と一緒に困難なプロジェクトへ取り組むことにやりがいを感じています。「クリエーターやアーティストたちと一緒に働くのは本当に楽しいです。彼らの持つ夢やビジョンについて一緒に話し合って、私はそれを現実にする方法を見つけてきたんです。」